Tokyo-FMからお越し頂いた皆様、コンニチワ♪ひたすら80年代を追及するblogにようこそ。過去ログはARCHIVES から観れます(^_^)ごゆっくりどうぞ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あの夏いちばん静かな海
ビデオ



夏の締めくくりって事で。

前年の稲村ジェーンを受け、

「あんなんでいいんだったら、オレが
 もっといいサーフィンの映画を撮ってやるよ」

と世界のキタノが立ち上がった監督三作目。
久石譲氏とのタック最初の映画です。コレ、重要だったと思います。

真木蔵人君が聾唖である設定は最初からだったのですが、
実は相手役の大島弘子ちゃんには最初台詞がありました。
しかし、あまりに芳しくない彼女の演技(ていうかしゃべり)に
二人ともって事にしちゃうか……と途中で方向転換。

実際、彼女の演技開花は難しく、この一作品で引退してしまいました。

演技って役者だけのせいじゃないと思うと、
いつぞや北野氏は語っておりました。

ワタシはコレを聞いたとき、ハッとさせられたのを覚えています。
この言葉がなければ、ワタシの中では
弘子ちゃん、あの映画、とってもヨカッタのに何で引退したんだろ?
と、ずーっと思っていたでしょう……。

実はワタシはこの映画を映画館で観たあと、
なんだかものすごく不満だったのです。

というのも、ワタシたちはその日、オンナだけ10人近い団体で
黒木瞳主演の『略奪愛』を観たのですが、
あまりの、なんちゅうか……酷さに、不満爆発。
ならば続けてもう一本映画を観ようぜと
たまたまこの映画を観たのです。

過剰な口直し効果を期待したワタシ達は、さらに「ギャフン」となり
新宿のマクドナルドで、なにもかも(ていうか自分達のその一日が)
「納得出来ない!」と大討論(なんでだよ)

しかし、それから数ヶ月経ったある日、
そのメンツのひとりだった松本京子ちゃんが

「こないだたまたま、何かのTVでBGMが聞き覚えのある曲で
 なんの曲だったっけ?と考えたら、あの夏~のメインテーマでさ。
 それで考えたんだけど、アタシ
 あの映画、ケッコウよかったような気がしたの」

と感想を述べたのです。

ワタシは実は自分も、後からジワジワと同じような事を考えていて
あ、同じ……とビックリしたワケです。

勿論、観た後すぐにこの映画を高評価した方もいると思います。
しかし、ワタシにとっては後から大切になった映画なのです。

なんだか、そういう映画ってあるんだと思います。

夏の終わりに、とくに観たい感じの映画です。







スポンサーサイト
稲村ジェーン
ホーム



本日の東京の最高気温34℃
夏の終わり特集第二弾は、皆様の予想どおりです(知ってたでしょ?)


80sなら誰しもサザンが大好き(決め付け)

ベストテンの〝今週のスポットライト〟で出会ったその日から
青春時代(特に夏季)を彩ったBGMは総天然色な桑田佳祐の歌声。

飛行機の中で読んだ雑誌記事に触発され、
なぜか「オレが撮っちゃる」と決心しちゃった稲村ガ崎の伝説の波。

出来不出来はともかくとして、その年の邦画興行成績4位を奪取。
湘南なんて言わないの。ここは稲村ガ崎。ジェーンは来る。

なんか原宿かどっかに、稲村ジェーンカフェまで出来てたぞ。
(行った事ある方、当時の様子をお聞かせください……)


ワタシ、実はこの映画ケッコウ好きです(爆)
なんていうか、アリっちゃアリです。ラストはどうかと思うけどさ。
尾美くん出てるしね(関係ねえか)


加勢=コカコーラ=サザン

そんな図式をインプットされた青春の記憶。
やっぱ希望の轍はライブでも盛り上がります。


さて、夏の終わり特集第三弾も皆さんの予想通りです。
真木蔵人に続きます(しばし待て)



稲村ガ崎ってどこよ?ってな方に(ロケ地MAP)


暑かったけど、短かかったよね。夏。

波の数だけ抱きしめて
nami


もう夏も終わりですね・・・
アタマの中に玉置&陽水のハ~モニ~がぐるぐる流れています。

ずっと昔、親戚との会話の中だったかで、

「一番好きな季節は夏」と言ったところ
「そりゃ~ひなたは若いからねえ。年とると夏はどうもねえ~」

と返された記憶があるのですが、ワタシはやはり30超えても夏がイイ。
今でも夏の終わりは、なんだか切ないッス。
この夏は、一度きりなんだぜ!やり残した事はないのか?!と焦ります。

夏の後ろ髪を追い求めつつ、本日はミポリンのBEBOP以外の代表作。

いつのまに、色白でノーブルな感じにシフトチェンジしてたと思ったら、
気が付いたら仁成の嫁になってしまっていたミポリン。

だけどアタイらヤンキーの憧れミポリンと云えば、
色黒、ツッパ顔、レイヤー。まさに80s的スタイルの代表。

82年の湘南を舞台にした、この映画のヒロインのファッションは
彼女に非常に似合っていた。
いくらホイチョイムービーでも、知世ちゃんじゃダメだ。
菊池桃子でもダメだ。キョンキョンじゃもっとダメだ。
サーフィンシーンがあったって、静香じゃヤンキー過ぎだ。

そんなことはどうでもいいが、松下由樹が意外にイイ感じの映画だ。
織田裕二もいつも程コワクない。別所さんの代理店マンってのがツボだ。

音楽がイイっすよね。なんてったってTOTOで始まるのがワクワクします。
だってこの映画に感化されて木村太郎氏がFM局作っちゃった位だもん。

関係ないんスけど、ワタシが海に行こうとすると必ず台風が来ます。
今年の夏だけで3回もです。ぼーくぼーく笑っちゃいます状態です。
そんな感じで、ワタシの夏は終わっていくのであります。


波の数だけ抱きしめてのジングルを聴こう♪

ついでに83年のfineを見よう!


女優含有率
ホーム


過去にも数回、族言葉スクリプト
80年代一発屋占い(てか作ったのワタシじゃん)等をご紹介してきました此のblogですが、
FC2に移ってからは構成の都合上、出来るだけ80年代まわりを意識し
マイナーなレビューも、おもしろネタのUPも控えてまいりました。

しかし、久々そそられるネタを目にしたのでご紹介。


その名も『女優含有率』


どのように、そそられるのか?


ひなたの79%は宮沢りえの精霊感で出来ています
ひなたの9%はかたせ梨乃のアニキっぷりで出来ています
ひなたの6%は岩下志麻の大物感で出来ています
ひなたの6%は多岐川裕美の視界の自在さで出来ています


と、このような感じに分析してくれるワケです。


ちなみに本名で分析してみた結果、


○○の66%は赤木春恵の重量感で出来ています
○○の16%は岩下志麻の大物感で出来ています
○○の9%は市原悦子の演技っぽくない自然さで出来ています
○○の6%は小川真由美の狂気で出来ています
○○の3%は荻野目慶子の鬼気迫るムードで出来ています


ものすごく当たっています・・・(なんか落ち込む)

皆さんも手当たり次第、含有率とやらを分析しまくってくださいね。


ヤンヤン歌うスタジオ
音楽



1977~87に亘って放送されたアイドルバラエティ。
或る意味当時のテレ東における、唯一の目玉番組。

東京タワーをバックに『あのねのね』の軽妙な歌で始まるオープニング。
ステキなお嬢さん~僕と踊りに行きませんか~♪

今考えると、あのねのねの司会というのは非常に旨かった。
アイドルの存在の決して邪魔にならず、彼らにちゃんと華を持たせ、
イヤミな〝いじり〟や〝ツッコミ〟はゼッタイしない。

気がよくて、安心して「ワタシの○○くん」を預けれるお兄さん。
なのに、芸人ではなくミュージシャン(皆、忘れてるかもしんないけど)

ネコニャンニャンニャンも、イッタ~イ何すんの~(笑い袋まで発売)も
小学生のワタシにはツボど真ん中。

〝ピンクレディの振付〟と〝たのきんドラマ〟も
ベストテンと共にワタシ達の必須項目であった。

世代のせいなのか、ワタシには
前進番組であるフォーリーブスの歌えヤンヤンの記憶があまりないのだが、
間違いなく、あのねのねに変わってからの方が
番組の幅は広がっていると思われる。

関係ないのだが、その〝たのきんドラマ〟に、
(たのきん全力投球の「オヤジ○○」ミニドラマシリーズと混同しがち)
マッチ主演で、兄に掛けられた汚職事件の濡れ衣を晴らすといった
シリアスなヤツがありました。

ドラマの中で何度も「汚職事件」というセリフが出てくるワケで
子供だったワタシは「お食事券」って何の事なんだろう?と
ずーっと思ってたました・・・。どこで使えるんだ<お食事券。

番組セットのきらびやかさと共に、ワタシのひとつ賢くなった思い出。
それにしても、清水さんのお姉さんは素晴らしいですね(ブックオフ)


ヤンヤン・サブタイトル一覧




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。