FC2ブログ
Tokyo-FMからお越し頂いた皆様、コンニチワ♪ひたすら80年代を追及するblogにようこそ。過去ログはARCHIVES から観れます(^_^)ごゆっくりどうぞ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベストキッド
DVD



YAスター〝ラルフ・マッチオ〟主演、奇奇怪怪カラテ青春ムービー


ダースベイダーに続き、またしても三船御大がオファーを断り、
代わってノリユキ・パット・モリタ氏が大ブレイクしちゃった作品。

本シリーズは無論、主演ラルフ・マッチオの代表作であるが
今年残念ながら永眠された、モリタ氏の代表作であることも間違いない。

1984に公開され、なぜか世界的に大ヒットした為、
その後シリーズが4まで制作されました。

ちなみにラルフ主演は3まで。4の主人公は女子高生の設定。
誰がやったか意外に知られていないらしいのですが
なんと今や二度のオスカーに輝く〝ヒラリー・スワンク〟嬢です。


DVD

それはさておき、
このシリーズ、ヒロインがなかなか80s的印象。

初回はエリザベス・シュー(って誰?って方も多いかもしれません)
相手役女優なカンの否めない役柄が多く、主演は殆どない女優さんですが、
カクテル、Back to the futureシリーズのヒロインも彼女です。
リービング・ラスベガス(ニコラス・ケイジがオスカー獲ったヤツ)で
アイドル女優でないところを発揮し、オスカーノミネートもされました。
しかし、どうしても印象が薄く、
ワタシの中では未だに80年代のアイドル女優の印象・・・

続く、どうみてもみえないけど舞台は沖縄って設定の2では
日系のタムリン・トミタがヒロイン。
最近は大作モノでもたまーに見かけますが、やはり印象は薄い・・・
タムリンと聞くと未だにベストキッド2が代表作のように感じてしまう。

ラルフ・マッチオ自体をここ10年観ていないので
ベストキッドシリーズそのものが、世代を超えたヒットというより
どこまでも80年代の枠組みの中という位置づけになってしまうのかも。

イチバン出世を遂げたのは、シリーズとしてはみなされていない4の
ヒラリー嬢なのかもしれません。

しかし、ダイアン・レインや24のキーファーのように
他のYAスター自体にもっと頑張って欲しいと思わずにはいられない今日この頃。

※YAスターとは?

Young Adultの略。特に80年代のハリウッド青春ムービーで活躍した
アイドルアクターをさす事が多い。
『アウトサイダー』に出てるかどうかというのがポイント分岐点。



ラルフの顔さえ思い出せない貴方へ

※素晴らしいサイト。
なんと数年に亘り、様々なスターに自力でファンレターを書き、
直筆サインやレターの返事を沢山お持ちの方のHP。
かなり感銘を受けます。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
おおお。ベストキッド。
3までは観ましたが4があるとは存じませんでした。(不覚)
この頃は、
弱い主人公→敵にやられる
→師匠の元で修行(隠しているが実はすごい人)
→強くなり、敵を倒す。(又は敵打ち)
のストーリーが王道でしたね~。
もちろん、結果はわかってるけどダイスキです♪
2005/12/08(木) 10:15:00 | | morimori_dragon #-[ 編集]
こんばんは♪
私もスキです☆。上の方同様、3までしか知りませんでした(涙)。
あと、1作目の主題歌もの凄く好きでテープにとって何度も繰り返し×2聞きました。でも、題名と歌手名忘れてしまいましたが、鼻歌なら歌えます(笑)。
 とても詳しい説明で関心しています。
また遊びにきますね♪。
2005/12/08(木) 22:17:42 | | イノ #-[ 編集]
1の主題歌はサバイバー〝The Moment Of Truth〟さすが、ロッキーの流れを汲んでます。大ヒットしたハズなのですが、ワタシ的には2のピーター・セテラ〝Glory of love〟の記憶が強く、1がイマイチ思い出せない・・・
ピーターはアカデミーの主題歌賞まで貰ったのに、3の主題歌はラズベリー賞を取ってしまったらしい。どんな曲だっけ?更に記憶が・・・
2005/12/09(金) 02:41:08 | | hinata80s #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。