Tokyo-FMからお越し頂いた皆様、コンニチワ♪ひたすら80年代を追及するblogにようこそ。過去ログはARCHIVES から観れます(^_^)ごゆっくりどうぞ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カトリオーナ・マッコール
ベルサイユのばらLADY OSCAR



タイトルを見て「誰、それ?」と思う方、大多数。


カトリオーナ・マッコールは
日仏合作映画『ベルサイユのばら』のオスカル役に抜擢された女優です。

はっきり言って、一般にはまったくマイナー。
なんで抜擢されたのか、かなりナゾ。

ワタシの所持するベルばら大百科によると
オスカル探しはかなり難航し、何人ものオーディションを経た後
ギリギリに滑り込んできた彼女に決まったのだそうな。

なんか超大作だったのですが、映画は全くの不発。
観た方もいるかと思いますが、おそらく一致した感想は

「ぜんぜんベルばらじゃないじゃん・・・」

とはいえ、それは別にカトリオーナのせいじゃないっす。
話自体が、ベルばらじゃないってだけの話ですから。
ラストも、なんでこの終わり方なんだろ?と今でも不思議です。


資生堂の全面バックアップのもと製作されたので、
当時の口紅のCMキャラクターも当然カトリオーナ。

キャッチコピーは


〝薔薇の人〟


しかし、このCM、異常に印象が薄いです。

なぜか?


〝君は薔薇より美しい〟


対抗したカネボウの、オリビア・ハッセー×布施明に
薔薇効果を全部持っていかれてしまったからです。

しかし、当時にしてはかなりキワドイ対抗広告です。
なんかワクワクします。
カネボウの挑戦意識も、受けて立った資生堂の度量の広さも
両者ともかなりカッチョイイです。


カトリオーナを探してたら辿り着いたページ
※ホラー系で一時期活躍してたようです

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。「モーラー」から「だいじょうぶマイフレンド」まで、何から何までマイヒットなネタばかりで、どれにレスしようかと迷ったのですが、墜落女優人生を歩んだマッコール様のこのトピにレスします(汗)

日本の会社が作った「洋画」の超大作ですね!この映画の一番印象に残った点といえば、化粧品CMに出演したオリビア&歌った布施明の電撃結婚でしょうか(←って全然マッコール嬢と関係ない)( ̄ロ ̄lll)

ちなみに当時「コンボイ」の主題歌で大ヒットしてたCWマッコールが好きでした(これまたマッコール嬢とは全く関係ありません)( ̄ロ ̄lll)
2006/03/19(日) 04:44:53 | | morito #1wIl0x2Y[ 編集]
morito様、コメントありがとうございます。
もしも、貴方様のコメントがなければ、この記事はKIKIに続く、ノーコメントになるところでした(うれしいっす)
マッコール嬢は堕落したのではなく、ゾンビ女優で大成したという事にしておいてください(謎)
2006/03/20(月) 01:38:45 | | hinata80s #z8Ev11P6[ 編集]
そうですね。ベルばらがヒットしてたらゾンビ女優のチャンスは奪われていたかもしれないし~!それにしても「オスカル」って男性なんですよね?なんかオ○チャン臭いような・・・どう見てもオンナ。どうせなら「リボンの騎士」の実写版でイケたかもね。

KIKIは何となく覚えてますがラジオ局とは知りませんでした。hinataさん、「ラジオはアメリカン」って知ってますか?「ビバ・クイズ」のチビッコの答えのはずしっぷりがたまりまセブン(←また懐かしいところを!)
2006/03/20(月) 04:50:28 | | morito #1wIl0x2Y[ 編集]
オスカルは女性ですよ・・・(やはり男子には誤解されてる部分が多い少女漫画の世界)それでは、ゲイの話になってしまいます(笑)
ちなみにワタシはJOQR派だったので、てるてるワイドっす(マイナーだなぁ・・・)
2006/03/22(水) 03:56:05 | | hinata80s #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。