Tokyo-FMからお越し頂いた皆様、コンニチワ♪ひたすら80年代を追及するblogにようこそ。過去ログはARCHIVES から観れます(^_^)ごゆっくりどうぞ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
吉祥天女
吉祥天女 イメージ・アルバム



かなりの年月が経ってからTV・映画化される少女漫画って多いですよね。


連載は70年代の頃の漫画が、80年代にやたらTV化されてるのを観て、
へえ、このアニメって、随分昔に描かれた漫画なんだあと。

なんでなんだろ?と子供心に分析したのですが、
自分に置き換えたら、ものすごく簡単に理解出来ました。

なぜなら、ホットロードをオンタイムで読みつつ、
万が一、ドラマ化なんかされちゃったら
ぜってーTV局にカミソリレターを送っただろうと自分で思ったからです。

アタシの春山のイメージを壊しやがってコノヤロウ。

そんな感じです。乙女は妄想が少年より大きいのです。

では、なぜ10年以上経って、わざわざドラマとか映画になるのか?

そりゃ、オトナになってから理解したワケです。

アタシのイメージしてたとおりの画像で作りたい。

と作り手世代になった製作側が思うからです。


これは音楽だと如実にわかります。


例えば私達80sは比較的オールディーズな雰囲気のモノがスキです。
そして青春真っ只中の頃は、すぐ手前にあった70sを嫌悪してました。

サイケ、つけまつげ、ベルボトム、長髪、フォークソング・・・

ありえねえ。ダセー!と思っていたのです。

しかし、きっと90sは80sをそう思っていたことでしょう。

テクノ、竹の子族、歌謡曲、サーファーカット、暴走族・・・

ありえねえ。ダッセー!と。

しかし、彼らは70sな雰囲気のモノをいち早く取り入れました。
彼らのファッションは、
ワタシたちのパパママ世代のアルバムとよく似ています。

これが俗にいう、流行は繰り返すというヤツです。

なぜサイクルが生まれるか?

おそらく、子供の頃に受けた影響に関連があります。

例えば、ワタシが製作サイドだったとして、
80sの頃見つけたモノをドラマ化したり、CM音楽に使ったとします。
懐かしくて、それが未だにやはりスキだったりするからです。

すると、それを観たオンタイムな子供達は
あ、なんかいいかも。と感じます。
それは、彼らのふたつかみっつ昔前のモノです。

ワタシ達がオールディーズがスキなのも、
その流れです。製作側に回った当時の世代が意図して使いたがったモノが
彼らの青春時代の50、60年代のシロモノだったワケです。

つまり、自身の青春オンタイムの頃のシロモノと、
そのふたつ、みっつ前の世代のシロモノを好む図式になるのです。

だから皆さん、バブルの遺物はまだ捨てないでもいいのです(そうか?)
だって、ベルボトムやつけまつげだけは、いくら流行は繰り返すと言っても
ゼッタイもうこないよね?って信じてたでしょう?

なので、肩パット入りの原色のスーツもトサカヘアも来るんです(そうか?)

ちなみに吉祥天女はダイスキな漫画でしたが、
今、カミソリを送りたいとは全く思いません。
ああ、結構原作に忠実なつくりになっているなあと感じます。

ヒロインはイメージに合わないなあ、とは思います。

なぜならワタシの中では、叶小夜子は
デビュー当時の〝りょう〟以外に適役がいないからです。

しかしそれは岩田さゆりチャンのせいではないので、
まあカワイイからいいのかと思ったりするワケです。

現在放送中のテレ朝・吉祥天女公式サイト

さすが土曜ドラマ。北川〝嬢王〟弘美を配し、そこはかとなくエロス。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
なんやら気になるところにたどり着いてしまったので書かせてもらいやす。
この漫画が今頃になってドラマ化されているとは知りませんでした。
連載当時は高校生で、別コミを買って所属する美術部内で吉田秋生を広めたのは私です。と、同時に川原由美子も広めました。

全編とおして漂う怪しげな雰囲気は、時々ゾッとする話もあって、ちょっと怖かった記憶があります。

この後「バナナフィッシュ」にかかるわけですが・・・長い連載期間とコミックスのでるタイミングが遅くなってきたので、途中から読まなくなり結局結末はどうなったかもわからずじまい・・・。

恥ずかしき我が青春の80年代をここで堪能させてもらいます(笑)
2006/05/17(水) 04:20:07 | | しおしお #Qlke00As[ 編集]
*PCの修理に出して一ヶ月!やっと復活です(^^;) ひなたさん、お久しぶりです☆

先日テレビ欄で「おっ!吉祥天女?あの吉祥天女?!」って思いながらも見逃してました。アニメじゃなくてドラマ化なんですね
吉田秋夫のコミックが大好きで読み漁ってはいたのですが、これは読んでないのです
 さて、ドラマから観るべきか、コミック読んでみるべきか・・・
2006/05/23(火) 17:52:04 | | るな #-[ 編集]
やはり原作にはかないません(まあ、何事もそうだと思うのですが・・・なのでダ・ヴィンチコードも映画館で観るのは悩みます)
川原由美子先生も懐かしいっすね♪同時期ですよね。
2006/05/23(火) 20:24:52 | | hinata80s #z8Ev11P6[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。