Tokyo-FMからお越し頂いた皆様、コンニチワ♪ひたすら80年代を追及するblogにようこそ。過去ログはARCHIVES から観れます(^_^)ごゆっくりどうぞ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ピチ
ピチ



小学生の頃、手芸が流行ってました。


フェルトでマスコット作ったり、
やたらビーズでまめまめしい何かを作成したり。
(あみぐるみはもう少しお姉さんが作ってるモノだった)


あんま大きい何かにはトライできなかったっすよね。
足踏みミシン嫌いだし・・・
(セーターを編むよりはマフラーを編む。まして、洋裁の域には到達不可能)

なんというか、型紙とか、正確な縫製が必要でないモノ限定です。


『ピチ』は学研から発行されていた、少女向けの手芸雑誌です。
(ちなみに料理雑誌の方は『メル』です)


これは創刊号の表紙(なんと杉田〝セレブ〟かおる嬢です)
現在は既に廃刊されてますが、アイドルもかなり登場した雑誌です。


当時はとにかく、手作りブームで、カラー満載のムック系誌も多数ありました。


とくに人気だったのが、大高輝美さん(現在は和装人形も手がけております)の本。


彼女の本を片手に、日本全国の少女たちは、
よくわかんないリュックサック型のマスコットとか、
やたらチューリップのアップリケを縫い付けたりしたんですよね。
(だから友達のカバンについてるのと、自分のマスコットが全く同じだったりする)




ちなみに手芸本を探していて、
ワタシが発狂しそうになった懐かしいキャラはコチラ



タイニーキャンディ



タイニーキャンディです。
誰か覚えてないかなぁ・・・


画像はすべて、手芸のヤマダさんで観れます。
懐かしい手芸の本が沢山で、時間を忘れます。
ぜひ、ご訪問ください。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。