Tokyo-FMからお越し頂いた皆様、コンニチワ♪ひたすら80年代を追及するblogにようこそ。過去ログはARCHIVES から観れます(^_^)ごゆっくりどうぞ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月曜ドラマランドとおニャン子クラブ
ベスト



CX懐かしの7時台2時間ドラマ枠『月曜ドラマランド』
(そういえば昔は都知事青島氏の『いじわるばあさん』だったすね)

ワタシの愛する〝少年隊〟の『胸騒ぎの放課後』もココで放映されたのだ♪
(関係ないけど、映画版は〝ひかる一平〟主演です←主題歌も歌っちゃったよ。胸騒ぎの放課後~♪)


で、かなり興味深いサイトを見つけましたのでご紹介


月曜ドラマランドはお好き?


83年から年代別にタイトルやキャストなどが紹介されていますが、
必見なのは『1986年』のコーナーです。

なんと〝おニャン子〟初期メインメンツが見れます(画像あります)


ちょー売れっ子の彼女達は、当時のドラマランドでも大活躍してます。
(福永チャン、結構主演してましたね・・・ビックリです)


しかし、少し観ただけでも本当に懐かしい顔ぶれ
(というかキャスティング)です。


月曜ドラマランドは、まだ連続ドラマの主演を張れるほどじゃないけど、
今後その可能性が多々あるであろうアイドル達の
ドラマ登竜門的な要素を持った枠でしたので、
おニャン子メンバーはこの枠を彩った代表的存在でした。


〝彼女達は、今だけの存在なのだから、
 多少の事は目をつぶってやって欲しい〟


と芸能界の礼儀作法にキチンと対応できない事への
謝罪を、そこかしこでスタッフサイドから云われてたそうですが、
そんな過去を吹き飛ばすように
かなりのメンバーが生き残っています。


すでに芸歴20年近いメンバーの
人生のキッカケとなったユニットなのですね。

80sにとっては、
ドラマランドもおニャンコも青春の1ページ。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。